注目の記事 PICK UP!

『わたしのとくべつな場所』アメリカ南部 人種差別と図書館(2)

 

1920年〜50年代にアメリカ南部に蔓延った黒人差別は、もちろんその地域にある図書館にも強く影響がありました。

 

そしてそれは歴史の一部となり、”なかったこと”にはできません。

 

自身の体験を描いたアメリカ南部の図書館を話を描いた絵本が2010年に2冊出版されました。

 

 

注:この記事には絵本の内容と結末が含まれています。

 

肌の色がちがうというだけで、差別を受けた1950年代のアメリカ南部。

 

12才になったパトリシアは「とくべつな場所」をめざして一人で家を出ます。

 

そこは、人種に関係なく誰でも自由に入ることが可能になった、米テネシー州ナッシュビルの公共図書館です。

 

 

その道中、彼女は何度も、人種差別という試練に直面します。

わたしのとくべつな場所“FOR WHITES ONLY”(白人だけ)と書かれた、白人専用のベンチ

 

それでも、大好きなおばあちゃんが着せてくれた花柄のワンピース、家族の愛と自尊心を強さに乗り越え、パトリシアはついに「とくべつな場所」にたどり着きます。

 

 

そこは、「希望のつまった場所」、「自由への入り口」です。

わたしのとくべつな場所

 

ひとことに「差別」とは言っても、具体的にどのような扱いを受けていたのか、パトリシアの小さな冒険を通じてわたしたちも知ることになります。

 

同時に悔しさや憤りも…

 

そして図書館にたどり着いたとき、目の前に現れた図書館のひとことに救われ、感動する気持ちもきっと、だれもが同じであると願います。

 

主人公だけではなく、さまざまな立場の視点から考えさせられる1冊です。

 

>>図書館が出てくる絵本のアーカイブはこちら

 

 

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ

にほんブログ村 本ブログへ

関連記事

  1. 『本を読むわたし』 本は大切なアルバム 図書館は思い出の宝庫

  2. 『ぼくの図書館カード』アメリカ南部 人種差別と図書館(1)

  3. 『としょかんライオン』 図書館の「きまり」よりも大切なこと

  4. 『三つ編み』 図書館ではじまるシチリアの少女と移民青年の恋

  5. 『まともな家の子供はいない』 図書館は”居場所”となれるのか?

  6. 『マチルダは小さな大天才』図書館で世界を知った天才少女

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP