現役司書が厳選 イギリスの美しい図書館12選

 

世界には、言葉を失うほど美しい建築の図書館や驚くほどユニークな図書館が数多くあり 、さらに、そこには興味深い読み物であふれています。

 

図書館は、単に愛読家のための神聖な場所ではなく、建築好きや歴史好きな人にとっても、おもしろくて刺激的な場所ですよね。

 

 

世界の美しい図書館を10選、20選だけ選ぶことは困難なことです。

修道院が多いヨーロッパには、修道院附属の美しい図書館がたくさんありますし、アジアにはユニークな図書館が次々と誕生しています。

 

 

そこで今日は、イギリスの美しい図書館を紹介します。

 

 

イギリスの美しい図書館

 

イギリスは、美しい図書館、ユニークな図書館、歴史的に価値の高い図書館が最も多い国のひとつです。

 

今回は、12に絞って紹介します。

 

ロンドンの図書館

 

ペッカム公立図書館(Peckham Library)

 

屋根に大きな「LIBRARY」の文字のオブジェを施した親切なペッカム公共図書館

ここが図書館だということがすぐに分かりますね。

Peckham Libraryホームページより

 

南ロンドンペッカムにある近代建築が特徴的な図書館です。

 

しかし、目を引くのは「LIBRARY」の文字だけではありません。

 

画像を見てのとおり、上部の重い構造は、7本の背の高い柱のみに支えられる構造で、この建築案は随分と物議をかもしたそうです。

 

しかし、多くの図書館が持つ息苦しくて暗い環境から解放されるようなガラスと金属のデザインは、革新的な建築に送られる「スターリング賞」を受賞し、毎年50万人の人々がその門戸を通り抜けています。

 

Peckham Libraryホームページより

 

 

モーガン図書館(Maughan Library)

 

もともとは公共記録局であるキングス・カレッジ・ロンドンの図書館であるモーガン図書館は、何度通っても飽くことない驚きに満ちています。

 

ステンドグラスの窓、孔子の像、そして、映画『ハリー・ポッター』のダンブルドアのオフィスのモデルとなった丸い読書室。

 

©️Flickr.com

 

それらの内観とネオゴシック様式の外観など、建築的にまとまりがないことが逆に建物の魅力と不思議さを増しています。

 

©️Flickr.com

 

オックスフォードの図書館

 

オックスフォードの図書館といえば、映画『ハリーポッター』の舞台でおなじみのボドリアン図書館が有名です。が、世界有数の大学都市として知られるオックスフォードには、独自の図書館が多数あり、図書館だけに絞っても見どころが満載です。

 

 

 

オックスフォード大学ボドリアン図書館(The Bodleian Library)

 

オックスフォード大学のボドリアンは、英国の6つの法定納本図書館のひとつです。

つまり、英国とアイルランドで出版されたすべての出版物を収めることが定められています。

 

15世紀の神学校の建物のアーチから、「ラドクリフ・カメラ」の丸いパラディオ様式の建物、第二次世界大戦中に慎重に作られた「ニューボドリアン」までそれぞれに魅力があります。

 

 

 

オックスフォード大学コドリントン図書館(The Codrington Library)

 

1851年に完成したコドリントン図書館は、真っ白な大理石の像が黒い本棚の列に映える、完璧なモノクロのビジョンです。

 

©️Pinterest.com

 

残念ながら、コドリントン図書館は一般に公開されておらず、申請によりオックスフォード大学のメンバーおよび研究者には予約制で公開されています。

 

 

ケンブリッジの図書館

 

イギリスのイングランド東部にあるケンブリッジシャーの州都ケンブリッジ(Cambridge)は、オックスフォード同様、大学の所在地であることから大学都市として知られています。

 

ケンブリッジ大学 セント・ジョンズ・カレッジ図書館(Saint John’s College old library)

 

 

バーミンガムの図書館

 

ロンドンとリヴァプールを結ぶ線の中間点あたりに位置するバーミンガムは人口は100万人ほどの工業都市で、図書館以外にもいくつかのおすすめ建築スポットがあります。

 

バーミンガム公共図書館(Library of Birmingham)

 

残念ながら、イギリスの美しい図書館の多くが会員制であったり入館料が必要となっていますが、バーミンガム公共図書館はすべてに開かれた公共図書館であり、現代建築のファンにとって必見の場所です。

 

Library of Birminghamホームページより

 

外観はジグラットの一種で、3つのセクションを結合する複雑な幾何学格子模様で、夜になるとライトが点灯します。

 

Library of Birminghamホームページより

 

内部を特徴づけるのは、中央部を貫く筒状の大きな吹き抜けです。

 

 

リバプールの図書館

 

 

リバプール中央図書館(Liverpool Central Library)

 

リバプール中央図書館の内装は、もともと利用者に非常に愛されていましたが、保護の欠陥と築年数によって崩壊しはじめ、2013年に5,000万ポンドをかけて改装が行われました。

 

 

既存のエリアを補完し、それとは対照的に白を基調としたドーム型の天窓へと続く螺旋状の近代建築を新設。

建物のデザインをより強調するように光であふれています。

 

 

過去と現在が図書館という建物の中で交錯するように、図書館自体が古典と現代のミックスでデザインされています。

 

マンチェスターの図書館

 

マンチェスター大学ジョンライランズ図書館(John Rylands Library)

 

マンチェスター大学のジョン・ライランズ図書館は、外からは教会や大聖堂と間違えられることもあるゴシック様式の大学図書館です。

 

 

高いアーチ型の天井に美しいステンドグラス、左右対称となった建築はお見事です。

 

また、「グーテンベルク聖書」やウィリアム・キャクストンの「カンタベリー物語」などの初期の印刷物といった貴重なコレクションを含む数十万冊の本を所蔵しています。

 

チェサム図書館(Chetham’s Library)

 

音楽学校に併設された古い建築のこの図書館には幽霊が出ると噂されていますが、1歩足を踏み入れるとその噂を簡単に信じることができるでしょう。

 

 

英国で、最も古い公共図書館として文学史に名を馳せており、文学、音楽、建築の愛好家にとって、1度は訪れておきたい名所のひとつです。

 

17世紀の書架に12万以上の書籍を保管しています。

 

チェサム図書館はまた、ドイツの思想家フリードリッヒ・エンゲルスと哲学者のカール・マルクスが出会い、ともに共産党宣言を書きはじめた場としても知られています。

 

エディンバラの図書館

 

シグネット図書館(Signet Library)

 

かつて、キング4世によって「ヨーロッパの最高の応接室」と呼ばれたこの図書館は、おそらく図書館よりもイベントスペースとしてよく知られています。

 

結婚式や特別な行事に最適な場所の1つです。

 

シグネット図書館での結婚式の様子など

 

しかし、1822年に建設されて以来、現在も変わらず本来の法律図書館としての機能を果たしています。

 

壮大な柱、手すり、エレガントなディテールがいっぱいで目を引くものがたくさんあります。

 

スコットランドの図書館

 

アバディーン大学図書館(University of Aberdeen Library)

 

イギリスの美しい図書館と聞けば、荘厳でゴシックな建築をイメージしますが、このアバディーン大学の図書館は、近代的でモダンな建築が美しい図書館です。

 

 

1495年に設立された古代の大学 (Ancient University) を前身とし、スコットランドでは3番目、現在の英国および英語圏の国で5番目に長い歴史を持つ図書館です。

 

グラスゴー芸術学校図書館(Glasgow School of Art library)

 

2015年に壊滅的な火災がグラスゴー芸術学校の図書館を襲い、建物はほとんど損傷しなかったものの、その中身はほぼ完全に破壊されました。

図書館は、アールヌーボー建築で最も特異なデザインの1つであったため、大きな損失でした。

 

有名なグラスゴーの建築家兼芸術家であるチャールズ・レニー・マッキントッシュによって家具から照明器具まですべてをデザインし考案されたこの建物のデザインは、美しく装飾されたバルコニーとユニークな家具を備えた独特の芸術的スタイルを反映しています。

 

関連記事

  1. ウィーン観光の過ごし方 本を持ってコーヒー・ハウスに行こう

  2. 図書館愛好家のためのロンドンガイド【ブックカフェ編】

  3. 図書館愛好家のためのロンドン図書館ガイド

  4. ウィーン観光 おすすめのブック・カフェ&独立書店 5選

  5. 図書館愛好家のためのロンドンガイド【パブ編】

  6. 図書館愛好家のためのロンドンガイド【おみやげ編】

  7. ウィーン観光 おすすめの図書館5選

  8. 図書館は「魂の病院」 ザンクトガレン修道院附属図書館

  9. 図書館愛好家のためのロンドンガイド【古書店編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP