注目の記事 PICK UP!

小さくて可愛い図書館がいっぱい カリフォルニア州サクラメント

 

アメリカ・カリフォルニア州のサクラメントは、豊かな歴史と文化を持つ都市で、図書館の豊富さも例外ではありません。

 

サクラメントの公共図書館は、中央図書館を含め、全部で28の館があります。

 

世界の観光客が多く訪れる図書館は、私設のものや大学図書館、修道院の附属図書館などが多いですが、サクラメントは、公共図書館だけのツアーで十分楽しめます。

 

図書館や建築の愛好家なら、サクラメントは必見の街であり、そして、穴場スポットです。

 

サクラメント公共図書館30館のうち、ぜひ訪れたい図書館を紹介します。

 

サクラメントの小さくて可愛い図書館分館

 

サクラメントの公共図書館の特徴として、小さくて可愛い郊外の一軒家のような図書館がいくつかあることです。

 

エラ・K・マクラッチー図書館(Ella K. McClatchy Library)

 

まさに郊外の小さな図書館のイメージにふさわしいエラ・K・マクラッチー図書館は、サクラメントの地元の人々に愛され、観光客にも人気です。

 

© sacrament365

 

ヴィンテージの魅力を残した歴史ある一軒家のような佇まいで、中に入ると、階下には素敵な本と趣のある閲覧席がたくさんあり、2階にはさらに3つ、ゲスト用の部屋があります。

 

最も特徴的なのは、電話、ラップトップ、タブレットなどが許可されていない、一切のテクノロジーを排除した部屋です。

 

「図書館に必要なのは、よい読み物と快適な椅子だけ」という、この図書館の理念が感じられる空間です。

 

 

エラ・K・マクラッチー図書館(Ella K. McClatchy Library)

 

開館時間:10時〜18時(火・木)、12時〜20時(水)、13時〜18時(金)、10時〜17時(土)
休館日:日曜日、月曜日
Wi-Fi:あり
カフェ、レストランなど飲食スペース:なし
ホームページ(英語のみ) :https://www.saclibrary.org/Locations/Ella-K-McClatchy

 

南ナトマス図書館(South Natomas Library)

 

サウス・ナトマス・コミュニティセンターの敷地内にある南ナトマス図書館のすぐ後ろには、図書館を訪れた子どもたちが屋外で楽しむための遊び場があり、散策に最適なバラ園もあります。

 

Photo courtesy of Mary Mackey

 

図書館の中は、美しく素晴らしいスペースであるだけではなく、居心地の良さと優雅さを兼ね備えています。

 

全体的に、子どもや親子での利用者に優しい図書館という印象です。

 

南ナトマス図書館(South Natomas Library)

 

開館時間:10時〜19時(火・水・木)、12時〜17時(金)、10時〜17時(土)
休館日:日曜日、月曜日
Wi-Fi:あり
カフェ、レストランなど飲食スペース:なし
ホームページ(英語のみ) :https://www.saclibrary.org/Locations/South-Natomas

 

マッキンリー図書館(McKinley Library)

 

広大なマッキンリー・パークの中にあり最高のロケーションを誇るこの図書館を一度訪れると、「この近くで暮らしたい」と思わずにはいられないでしょう。

 

図書館は、小さくて古風な建物ですが、図書館を運営するために必要なすべてのリソースを所有しています。

 

 

1936年にオープンしたアールデコ調の建物は、現在も美しいオリジナルの家具とクルミ材の羽目板を使用しています。

 

※オハイオ州のマッキンリー・メモリアル図書館とは異なります。(←こちらの方が有名で情報も多いので間違えないようご注意ください。)

 

マッキンリー図書館(McKinley Library)

 

開館時間:10時〜19時(火・水・木)、12時〜17時(金)、10時〜17時(土)
休館日:日曜日、月曜日
Wi-Fi:あり
カフェ、レストランなど飲食スペース:なし
ホームページ(英語のみ) :https://www.saclibrary.org/Locations/McKinley

 

絶対に訪れたい サクラメント市立中央図書館

 

サクラメント公共図書館の中枢を担う中央図書館はかなり特徴的な要素を持っています。

 

サクラメント市立中央図書館(Sacrament Public Library Central)

 

1918年に開館した3階建てのイタリア・ルネッサンス・リバイバルスタイルの図書館は、その大部分がカーネギーからの資金提供によって賄われた「カーネギー図書館」のひとつです。(「カーネギー図書館」は全米に数多くあります)

 

建物の外観の大部分は、現在も当時のままを維持しており、内観は時代のニーズに合わせて大幅に更新され続けています。 この建物は、1992年に国立史跡に登録されました。

 

© City of Sacrament

 

図書館は、次に紹介するガレリアを併設しており、公共としての役割を超えて、ユニークな活用をしています。

 

サクラメント市立中央図書館(Sacrament Public Library Central)

 

開館時間:10時〜18時(火・水・木)、10時〜17時(金・土・日)
休館日:月曜日
Wi-Fi:あり
カフェ、レストランなど飲食スペース:あり
ホームページ(英語のみ) :https://www.saclibrary.org/Locations/Central

 

トサコポウロス図書館ガレリア(Tsakopoulos Library Galleria)

 

ガレリアというのはイタリア語で、屋根のある商店街や歩行者用道路のことを意味しますが、確かに1階を入ったところから全体を眺めると、大きなショッピングモールのようにも見えます。

 

1988年から1992年に中央図書館の大規模な拡張と改修の間に建設され、イベントスペースとして運営しています。

 

 

会議室および結婚式会場などの有料施設として、現在も、サクラメント公共図書館のひとつの分館として市が運営している施設です。

 

図書館プラザの古い側面と新しい側面を統合する巨大なアトリウムがシンボルです。

 

トサコポウロス図書館ガレリア(Tsakopoulos Library Galleria)

開館時間:予約のみ
休館日:予約のみ
Wi-Fi:なし
カフェ、レストランなど飲食スペース:あり
ホームページ(英語のみ) :http://www.librarygalleria.com/

 

サクラメント・ルーム(Sacramento Room)

 

サクラメント・ルームもまた、サクラメント市立中央図書館の中にある図書館の一部ですが、独立したものとして、図書館の開館時間とは異なる時間で運営されています。

 

 

この「サクラメント・ルーム」を覗くために訪れる観光客もいるほど、人気のスポットです。

 

サクラメント・ルーム(Sacramento Room)

 

開館時間:10時〜18時(火・水・木)、12時〜17時(土・日)
休館日:月曜日、金曜日
Wi-Fi:あり
カフェ、レストランなど飲食スペース:あり
ホームページ(英語) :https://www.saclibrary.org/Locations/Sacramento-Room

関連記事

  1. ニューヨーク公共図書館 世界一有名な観光名所の図書館

  2. ニューヨーク公共図書館本館〈スティーブン・A・シュワルツマン・ビル〉

  3. ワシントンD.C.の図書館 歴史的価値のある重要な文献に注目

  4. NYPLだけじゃない ニューヨークの訪れるべき図書館

  5. ニューヨーク公共図書館 本館以外の図書館のみどころ

  6. ニューヨーク公共図書館〈舞台芸術図書館〉

  7. ニューヨーク公共図書館本館〈スティーブン・A・シュワルツマン・ビル〉の見どころ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

図書館レポート

  1. 岡山県立図書館 歴史と文化の共存エリアに建つ県民のホーム
  2. ニューヨーク公共図書館本館〈スティーブン・A・シュワルツマン・ビル〉の見どころ
  3. 深川図書館 コーヒーの香りに包まれた緑あふれる下町の図書館
  4. 北区中央図書館 兵器工場が甦る…陸軍の栄華を物語る赤レンガ図書館
  5. 明治大学和泉図書館 ホテルのラウンジで過ごすような滞在型図書館

おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP