注目の記事 PICK UP!

NYPLだけじゃない ニューヨークの訪れるべき図書館

 

ニューヨークの図書館といえば、五番街と42丁目の交差点にある観光名所として名高いニューヨーク公共図書館だと思います。

 

 

ニューヨーク市と市民が共に実現させてきた多様で豊富な専門性を持った公私設混在の図書館は、世界的でニューヨーク市だからこそ実現できる特異なシステムです。

 

しかし、ニューヨークには、ニューヨーク公共図書館以外にも世界中から訪れる価値のある素晴らしい図書館があります。

 

 

フリック・アート・ライブラリー(The Frick Art Library)

 

セントラルパーク沿いの豪華な5thアベニューにある風格あるタウンハウスは、実業家ヘンリー・クレイ・フレック(Henry Clay Frick)の自宅を生かして造られた邸宅美術館「フリック・コレクション(The Frick Collection)」です。

 

アメリカで最も優れた小さな美術館のひとつと考えられており、ルノアール、レンブラント・ファン・レインなどオランダの巨匠の素晴らしいコレクションを所有し、芸術界のほとんどで知られています。

 

この中には、生涯で34枚だけを描いたヨハネス・フェルメールの3つの絵が含まれます。

 

そんな美術館の一部であるフリック・アート・ライブラリーは、多くのコレクター、芸術の学生や研究者のための研究図書館として使用されている博物館の片腕です。

 

図書館には、絵画、図面、彫刻などのトピックに関する、包括的なコレクションが収められています。

 

モルガン博物館図書館

 

モルガン博物館図書館は、書誌学者にとって夢のような場所です。

 

アメリカの5大財閥のひとつであるモルガン財閥の創始者であるジョン・ピアポント・モルガンは偉大な金融家というだけではなく、芸術と本の目利きでもありました。

 

彼は、ウィリアム・ブレイク、バイロン卿、ウォルタースコット卿、モーツァルト、ベートーベン、ゴッホ、セザンヌ、チャールズ・ディケンズ、ヘンリー・デイヴィッド・ソローなどの世界的に有名な作家やアーティストの世界中で最も優れたコレクションを包括的に収集しました。

図書館には、オリジナルのグーテンベルク聖書のひとつも含まれています。

これらすべては、マディソンアベニュー沿いの豪華な邸宅に収容されており、読書室で圧倒されることになります。

コレクションは一般に公開されており、ニューヨークを訪れる人は必見です。

 

クーパー・ヒューイット・スミソニアン・デザイン・ライブラリー(Cooper Hewitt Smithsonian Design Library)

 

前述のフリック・アート・ライブラリーと同じく、豪華な邸宅美術館「クーパー・ヒューイット・スミソニアン・デザイン・ミュージアム」にある図書室です。

 

アメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーがかつて住んでいた豪邸を改築したデザイン美術館で、食器、装飾品、家具など25万点のコレクションを持ち、デザイン美術館としてはアメリカで一番充実しているといわれています。

 

図書室を訪問するには、事前に許可がある場合は発行された許可証と訪問の目的を明記する必要があります。

 

現在からルネサンスまで遡る、デザイン、アートに関する書籍、写真、版画、カタログなどのコレクションを展示、デザイン理論、歴史、プロセス、使用法、パターンに関する資料が豊富に所蔵されています。

 

NYUエルマーホームズボブスト図書館

 

エルマー・ホームズ・ボブスト図書館は、ニューヨーク市マンハッタンにあるニューヨーク大学の主要図書館で、全国で最高の大学図書館の一つと考えられています。

 

1973年に建てられた12階建ての赤い高層建築物の内部は吹き抜けがある綺麗なインテリアで、何百万もの文献や雑誌、書籍、マイクロフィルム、電子リソースを含む8つの個別の図書館が含まれており、学生のために24時間開館し、学習のための閲覧席なども充実しています。

 

利用できるのは、おもにNYUの学生、卒業生、教員、研究者、学者などの所属者ですが、内部見学はできるので、観光途中に膨大な書籍を目のあたりにして学生気分を味わえます。

 

館内の北側からはワシントン・スクエア・パークを見渡せ、周辺には様々なショップが入ったチェルシーマーケットやニューヨークでも有名な美術館MoMAなど、魅力的な観光スポットもあります。

 

メトロポリタン美術館ライブラリー

 

世界最高の美術館のひとつとして知られるメトロポリタン美術館ですが、そこはやはり最高の芸術図書室も所有しています。

大きく分けて4つの図書室に分けられます。

 

1.トーマス・J・ワトソンライブラリ

 

美術史の書籍や定期刊行物に関する最高の研究図書館です。

 

2.ヘンリー・R.ルース研究図書館

 

おもにアメリカの芸術に焦点を当てています。

3.ノレン・ライブラリ

 

制限なく一般公開された図書館で、博物館のコレクションや展示に関する幅広い資料を提供しています。

4.クロイスターズライブラリ

 

ブランチはフォートタイロン・パークにまで収容されています。このライブラリーは、中世美術の研究のための研究資料を収集しています。このコレクションには、中世の建築や絵画から彫刻やタペストリーまで、約15,000冊が収められています。

関連記事

  1. ニューヨーク公共図書館本館〈スティーブン・A・シュワルツマン・ビル〉の見どころ

  2. ニューヨーク公共図書館〈舞台芸術図書館〉

  3. ワシントンD.C.の図書館 歴史的価値のある重要な文献に注目

  4. ニューヨーク公共図書館 本館以外の図書館のみどころ

  5. ニューヨーク公共図書館本館〈スティーブン・A・シュワルツマン・ビル〉

  6. 小さくて可愛い図書館がいっぱい カリフォルニア州サクラメント

  7. ニューヨーク公共図書館 世界一有名な観光名所の図書館

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

図書館レポート

  1. 北区中央図書館 兵器工場が甦る…陸軍の栄華を物語る赤レンガ図書館
  2. 香港中央図書館 中国と西洋文化の共存に尽力する香港文化新時代の象徴
  3. 深川図書館 コーヒーの香りに包まれた緑あふれる下町の図書館
  4. 京都国際マンガミュージアム 世界が注目する文化施設
  5. 岡山県立図書館 歴史と文化の共存エリアに建つ県民のホーム

おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP