図書館愛好家のためのロンドンガイド【古書店編】

ブルームズベリー(Bloomsbury)からブリクストン(Brixton)まで、ロンドンにはビッグ・タイトルをお買い得価格で提供する古本屋がたくさんあります。

 

ロンドンで最も古い本を読んだり、買ったり、匂いや手触りを楽しんだりするのに最適な古書店のリストを紹介します。

 

 

>>愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【図書館編】

>>愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【ブックカフェ編】

>>愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【パブ編】
 

 

Skoob Books

 

Skoob Booksはブルームズベリー地区のブランズウィックの地下にあり、55,000以上のタイトルが図書館のような高い棚にぎっしりとつめられ、テーブルやピアノに飾られ、さらには床にそのまま置かれたり、プラスチックケースに混沌と並べられた雰囲気ある古書店です。

ロンドンで大人気かつ最も広い古本屋の1つと考えられています。

哲学、現代文学、芸術、政治、その他多くの主題の書籍を定価の半額以下で提供しており、学生にはさらに学生割引を適用しています。

 

ポストカード、人気書籍の表紙のポスター、ペンギンとパフィン(イギリスの出版社Penguin Booksのキャラクターと、その子会社で子供向けの書籍の出版社Puffin Booksのキャラクター)のマグカップなども販売しており、ここでお土産を探すのもおすすめです。

人気は、Skoob Booksオリジナルエコバッグです。

 

Judd Books

 

ラッセルスクエアの近くのマーチモントストリートにあるのはJudd Booksです。

1992年にオープンしたこのショップは2階建てで、棚には学生や勉強熱心な読者の知識を豊かにする、学術書の古本や掘り出し物がたくさんあります。

親切なスタッフと開放的な雰囲気で居心地の良いこの古書店は、なんとなく雨の日の午後に、雨の音を聞きながら引きこもりたい場所です。

 

Book Mongers

 

ブリクストンにいる場合はコールド・ハーバー・レーンを下って、黒い建物に黄色のサインが特徴的なBook Mongersに行きましょう。

海を渡ってロンドンに来たアメリカの本の専門家が所有し経営するこの古書店では、おもしろいデザインの本が売買されています。

過去20年にわたり、さまざまな形やサイズ、デザインの装丁本をコレクションしているので眺めているだけでも楽しいです。

 

どこにでも積み上げられた本のボリュームと家庭的な環境は、まるで7つの海を横断するほどの価値があります。

店には大型の看板犬がいますが、大変おとなしいです。

 

Book and Comic Exchange

 

1967年に設立されたノッティングヒルのBook&Comic Exchangeは、ブックハンターにとって必要不可欠な場所です。

先に紹介したBook Mongersと同じような真っ黒な建物で、こちらは白いフォントのサインを掲げています。

一歩足を踏み入れると古書店独特の「古い本の匂い」に満ちています。

棚には、文学小説、詩、戯曲がぎっしりと詰め込まれ、中央の通路には、ビンテージ・コミックや雑誌がたくさんあります。

地下室には、「New Mutants#98」(デッド・プールの初登場)などの人気コミックから、絶版のメビウスコミック(Moebius comics )など様々な貴重なシーリーズのバックナンバーなど数百アイテムがセレクションされていて、また、50ポンド以下で購入できます。

フレンドリーで商品知識が豊富な有能なスタッフ、店内に流れる素晴らしい音楽、そして豊富な本に囲まれるこの場所は、ノッティングヒルで訪れるべき場所です。

 

Quinto Bookshop

 

魅力的でカラフルな窓のあるチャリングクロスロードの一角に落ち着いたグリーンの建築で佇んでいます。

外からもすぐに書店だと分かるほどガラス窓にたくさんの本が陳列されています。

中もまた、不思議で独欲な雰囲気を持っており、賑やかなチャリングクロスロードの喧騒から逃れるのに最適な場所です。

 

歴史と旅行(おもに北米)、児童書、文学、ロンドンの歴史、考古学、映画や映画の台本、映画に関するテキストなど何千冊もの新旧の書籍があり、すべての文化的関心を網羅しています。

 

 

Henry Pordes Books

 

こちらも、チャリングクロスロードにある古書愛好家の天国です。

1983年に家業としてオープンしたヘンリー・ポーデス・ブックスは、それ以来、書籍愛好家の人気旅行先の1つとなっています。

この昔ながらの店には、芸術や人文科学の学生から古書のコレクターまで、多くの訪問者が訪れます。

オリジナル版とビンテージ版が窓の棚に誇らしげに展示されており、内部には近現代の文学、旅行、芸術、小説をカバーする本の全世界が隅々に展示されています。

 

Worlds End Bookshop

 

Worlds End Bookshopは、チェルシーにある古書の確立された大手ディーラーです。

小さな店ながら25年以上の実績を持ち、長年にわたりウエストエンドの人々にとって最高の場所でした。

スタッフは、建築、現代アート、ファッション、コスチュームを専門としており、本を探すのを手伝ったり質問に答えたり、おすすめの提案をしてくれます。

 

関連記事

  1. ウィーン観光 おすすめの図書館5選

  2. 図書館愛好家のためのロンドンガイド【パブ編】

  3. 現役司書が厳選 イギリスの美しい図書館12選

  4. 一度は行ってみたい! オーストリア4つの修道院図書館

  5. ボドリアンだけじゃない オックスフォードの美しい図書館10選

  6. 図書館愛好家のためのロンドン図書館ガイド

  7. ウィーン観光の過ごし方 本を持ってコーヒー・ハウスに行こう

  8. ウィーン観光 おすすめのブック・カフェ&独立書店 5選

  9. 図書館愛好家のためのロンドンガイド【おみやげ編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP